ダイエット中に出会った特定保健用食品の青汁

こないだの夕食は天王寺駅北口のお好み焼き「きくや」。

ウーロン茶を片手にしつつ、豆腐ステーキや野菜炒めをメインディッシュに。それでもテレビを観ながらのダラダラ食いなので結局粉もんが終着駅。今朝、体重はきっちり増えてました。前にも書いたけど、ドカ食いした日ってその日の夜より翌朝の体重に結果が正直に出るのです。

いきなり「緑でサラナ」30缶入りが宅配便で送られてきた。【特定保健用食品 コレステロールが高めの方や気になる方に by SUNSTAR】。街角で現物を配っていたみたいだし。現在お試しセール中で10%引きプラス送料無料だとか。両親が私の身体に気を遣って手配してくれた。ありがたいことです。

とりあえず1缶開けて口にする。ザラっとした感覚が舌の上を通る。青汁ほどのクセはないけど、美味しいってもんでもない。果汁すりおろしジュースの野菜版という感じ。ブロッコリーが主役のようです。1日2缶が適量と書いてあるけど、とりあえずは朝起きてすぐの1日1缶にしよう。来月中旬、1か月おきの血液検査がやってくる。その結果次第で1日2缶に増やすかも。

とりあえず体重のほうは順調に減ってます。チノパンの腰回りはゆるゆる。太ももまわりがダブついてはた目にはちょっと不格好、2サイズ細くしてちょうどフィットするかも。

一目惚れの出会いで飼い始めたペットの予防注射

ワンコの、年に一度のお役目、狂犬病の予防接種。

市が行うのもあるが、なかなか日が合わないのでたいていは行きつけの病院。

なぜだかわからないが、我が家のワンコは病院のお医者さんも受け付けの人も大好き。

受け付けでは、カウンターに背伸びで手をついてご挨拶。

そして、待合室でもお医者さんの声が聞こえたら「くーんくーん」と落ち着きなくなる。

いや、落ち着きどころか完全に興奮状態。

舌を出して「はあはあ、くーんくーん」。

ちょっと呼ばれたら、我先に診察室へグイグイ。

お医者さんの顔を見たら、うれしさの極致で毎度おなじみのうれションである。

診察台に乗せられたら、借りてきたネコ状態でされるがまま。

歯と耳をチェックし、体温はお尻にプスッ。

これはさすがに違和感か、なんとも言えぬ顔に。

興奮してたので、体温は39.5度と「お前はインフルか」ってくらいに。

体重は、17キロを切って、ダイエット成功。いやはや、うらやましい事である。

まずは、首に狂犬病の予防接種のお注射。全然平気のワンコ。

そして、今回初めてだったのは、フィラリアチェックの採血。

どこで血を採るかと思ったら、人間と同じように腕から。見てるこっちが「うひゃっ」であるが、当のワンコは全然平気であった。

で、終わったら「さあ帰ろう、帰ろう」の始まり。あれだけ、大好きな受け付けのお姉さんも女医さんも放置。

ほんと、気分屋な奴。

久しぶりのプロ野球観戦で思いがけない出会いが

プロ野球観戦は長らく行っていなかった私でしたが、先日大学時代の友人から誘いがあり、久しぶりにプロ野球観戦に行ってきました。

東京ドームになる前の後楽園球場時代には頻繁に巨人戦を観に行っていた少年時代を過ごした私でしたが、東京ドームになってからはとんとご無沙汰であったプロ野球の観戦を先日大学時代の友人男性がチケットが余ったという事で私に久しぶりのプロ野球観戦をプレゼントしてくれたのです。

東京ドームは何度かプロ野球観戦で行った経験がありましたが、それでも後楽園球場時代のノスタルジーを感じる事が出来ない東京ドームの機械的な雰囲気は好きになれませんでした。

しかし、先日大学時代の友人とプロ野球観戦を東京ドームで行った事で東京ドームに対する見方が変わったのです。

私は先日東京ドームで大学時代の友人とプロ野球観戦をした際に東京ドームの構内でホットドッグや弁当などを購入して食べたのですが、現在の東京ドームなどに売られている弁当類はかなり味も以前よりも良くなっており、見直しました。

そして東京ドームには昔ながらのモツ煮込みなどの食事も提供している店もあり、一気に私の東京ドームに対する偏見は無くなり、これから機会があれば東京ドームにスポーツ観戦に行こうかな、と思わせてくれたのでした。